CAD、CAM、構造計算、プレカット、2×4(ツーバイフォー)の積算や見積など、住宅建築向けシステムの受託開発ならSHFへ。

トップページ > 製品紹介 > ぽちっと 壁量 主な機能

ぽちっと 壁量 主な機能

建築基準法対応
●壁量のチェック
●バランスのよい壁配置のチェック(平面4分割法)
●柱頭・柱脚の接合部チェック(N値計算)
●筋かい端部の接合部チェック
住宅性能表示対応
●性能表示壁量のチェック
●耐力壁線のチェック
●存在床倍率のチェック
●胴差と通し柱の接合部チェック
●床・屋根の外周の横架材の接合部チェック
旧システムである壁量N値計算ソフト「構造チェッカー」より更にパワーアップ。
構造チェッカー ぽちっと 壁量

斜め壁計算
-
横架材入力 ※土台と梁の入力が可能
-
横架材接合部入力※端部小口毎に金物設定が可能
柱頭柱脚金物別入力※柱頭と柱脚の金物を別々に設定
-
鉄製筋かい
×
火打ち梁幅考慮※梁のH・W寸法を表記
-
第3種地盤割増※地盤種別選択が可能
-
小屋裏面積で天井高考慮※小屋裏面積×天井高h/2.1計算
-
N値計算で準耐力壁等の考慮※考慮の選択が可能
-
N値計算(下階配分)※接続状況により適正に複数配分


計算書PDF出力※直接出力可能
-
使用材料の表記
-
図面内の情報※倍率や記号、寸法の情報を充実

図面 ()図面が追加
※柱壁伏図、(梁伏図)、立面図、(床面積求積図)、耐力壁配置図、(見付図・求積)、柱頭柱脚金物配置図、耐力壁・準耐力壁・腰壁等配置図、水平構面・屋根構面図、(横架材端部金物配置図)
存在壁量、1/4必要壁量、性能表示存在壁量根拠※1つ1つの壁を表記
存在床倍率根拠
※1つ1つの水平構面、屋根構面の倍率とL寸法をすべて表記
見付面積根拠
※見付を三角と四角に分解して計算式で表記
単位・表示精度※変更可能
-
計算書プレビュー※目次機能による選択可能
計算書図面の設定変更※変更可能
-
計算書図面への加筆※文字、寸法、図形の加筆が可能
-
接合部の詳細設定※補助金物の組合せ等が可能
-
見やすい壁量計算書を自動出力

ボタンひとつのワンタッチで見やすい壁量計算書を自動出力


<出力図書のもくじ>

1.一般事項
  1.1 建物概要
  1.2 建設予定地概要
  1.3 目標とする等級
      (評価方法基準告示 建設省告示第1654号による)
  1.4 規格・各部寸法
  1.5 チェックリスト(設定による)
  1.6 計算設定
2.構造図
  2.1 柱壁伏図
  2.2 梁伏図
  2.3 立面図
3.使用材料
  3.1 木材
  3.2 柱頭・柱脚接合部
  3.3 横架材接合部
  3.4 壁面材
  3.5 筋かい
  3.6 水平構面
  3.7 屋根構面
4.壁量のチェック
  4.1 耐力壁配置図
  4.2 床面積求積図
  4.3 見付図
  4.4 必要壁量の算定
  4.5 存在壁量の算定
  4.6 壁量のチェック
5.バランスよい壁配置のチェック
  5.1 1/4必要壁量の算定
  5.2 1/4存在壁量の算定
  5.3 壁配置のチェック
6.柱頭・柱脚の接合部のチェック
  6.1 柱頭柱脚金物配置図
  6.2 柱頭柱脚接合部の必要引張力の算定
  6.3 柱頭柱脚接合部のチェック
7.性能表示の壁量のチェック
  7.1 耐力壁・準耐力壁・腰壁等配置図
  7.2 性能表示の必要壁量の算定
  7.3 性能表示の存在壁量の算定
  7.4 性能表示の壁量のチェック
8.耐力壁線のチェック
9.床倍率のチェック
  9.1 水平構面・屋根構面図
  9.2 耐力壁線距離のチェックと必要床倍率の算定
  9.3 存在床倍率の算定
  9.4 由香倍率のチェック
10.胴差しと通し柱の接合部のチェック
  10.1 横架材端部金物配置図
  10.2 胴差と通し柱の接合部のチェック
11.床・屋根の外周の横材の接合部倍率のチェック

<構造計算書の出力イメージ>

構造計算書の出力イメージ
建築基準法対応
チェックリストの項目をつぶす事で法令に適応している計算書を出力する事が可能になります。
許容応力度計算の図書には作成が義務付けられているチェックリスト。壁量計算図書での義務付けはないものの『ぽちっと 壁量』ではその一部を作成する事で、設計者側の作成ミス・申請受け入れ側の承認ミスを未然に防ぐためのサポートをしっかりと行います。

<チェックリストによる確認が可能>

チェックリストによる確認が可能

この商品はWEBSHOPで販売中です。 住宅性能表示対応 壁量N値計算ソフト「ぽちっと 壁量」
通常価格150,000円(税込)※保守サポートは含まれておりません。
SHFWEBショップはこちら