CAD、CAM、構造計算、プレカット、2×4(ツーバイフォー)の積算や見積など、住宅建築向けシステムの受託開発ならSHFへ。

トップページ > 製品紹介 > さくっと2×4(ツーバイフォー)「設計現場でやさしいこんコト」

さくっと2×4(ツーバイフォー)「設計現場でやさしいこんコト」

設計現場でやさしいこんなコト

屋根垂木のあたり加工設定機能を搭載!

複雑な垂木・隅木のあたり加工設定も、さくっと2×4なら納まりに合わせて設定可能!


壁や梁の条件によってあたり加工は複雑に生じます。

さくっと2×4(ツーバイフォー)では建物仕様によって予め垂木・隅木のあたり仕様の初期設定が可能。

設計者は壁や梁の干渉を意識する事なく、初期設定された情報に基づいて自動的にあたりを判断し、これらのあたりの情報から、加工情報を自動生成します。

合わせ柱自動設定機能を搭載!

壁の取り合わせに応じて発生する合わせ柱も、建物仕様に応じて合わせ柱の仕様を設定可能!


同じツーバイフォー工法でも建物仕様やお客様の仕様によって合わせ柱の納め方も様々。

さくっと2×4(ツーバイフォー)ではそんな設計者泣かせの要求にもお応えします!

建物仕様やお客様の仕様に応じて予め合わせ柱の仕様を設定することができます。

割付前に 壁パネル割付詳細情報 に割付けのルールを設定できます。

  • 標準スタッド
    壁の中間部のスタッドの材種、等級、サイズ、本数を設定します。(階ごとに設定可能)
  • 壁端部スタッド(L 字)
    L字コーナーの勝ち壁端部のスタッドの材種、等級、サイズ、本数を設定します。(合せ柱も設定可能)
  • 壁端部スタッド(I 字)
    継手部勝ち壁端部のスタッドの材種、等級、サイズ、本数を設定します。(合せ柱も設定可能)
  • 壁端部スタッド(T 字)
    T字コーナーの勝ち壁端部のスタッドの材種、等級、サイズ、本数を設定します。(合せ柱も設定可能)

開口セット設定機能を搭載!

大量発生する開口部の部材設定も、さくっと2×4なら納材方法を予め設定可能!


同じツーバイフォー工法でも合わせ柱と同様、開口部材の納め方も様々。

さくっと2×4(ツーバイフォー)では建物仕様やお客様の仕様によって予め開口部材の仕様を初期設定可能。

設計者は開口部材の納材方法を意識する事なく、すべての開口部材について、初期設定された情報に基づいて自動設定を行います。

もちろん、自動設定以外にも、開口セット部分を部材納材に変更したり、部材納材の材料を開口セットに変更するなど、手動操作にも対応しています。