CAD、CAM、構造計算、プレカット、2×4(ツーバイフォー)の積算や見積など、住宅建築向けシステムの受託開発ならSHFへ。

トップページ > 受託開発に関して

受託開発に関して

システムハウス福知山の経験豊富なエンジニアがあなたの理想をカタチにします

ご相談ください

  • 新しい工法に対応したシステム化や新規の機械を導入しての量産化など、コストダウンを図りたいとお考えの経営者様
  • 既存の設備や人員で出来るだけ工期を短縮し、利益アップを図りたいとお考えの経営者様
  • 自社の技術やノウハウを盛り込んだシステム化でお悩みの経営者様
  • できるだけ現場加工を減らし生産性をあげたいとお考えのプレカット工場経営者様
さくっと木造をベースにした合理化提案

「さくっと木造」は、
・木造軸組み住宅の構造材に対応をした「さくっと軸組」
・構造パネルに対応した「さくっとパネル」
・面材・羽柄といったパーツの生産の合理化に特化した「さくっと羽柄」
以上3つのシステムで構成されたシステムハウス福知山が提供する木造住宅合理化支援システムです。

それぞれの設備・状況・ニーズに応じて、必要なシステムの組み合わせで貴社の理想をカタチにします。



「さくっと木造」シリーズの3つポイント

お客様専用であること

お客様専用システムプレカット工場やパネル工場とひと言でいっても、お客様のおかれている状況や悩みは千差万別。
私たちは、既存のパッケージソフトをそのまま提供し、利用して頂く事がお客様にとってベストな選択とは考えていません。

1997年以来住宅業界にて取り組んできた長年の経験を生かしお客様の要求、お客様の設備、お客様の人的状況、お客様が持つノウハウ、これらを理解したうえで、弊社が持つ「さくっと木造」の基本機能をベースに、お客様の理想をカタチにします。



人にこだわる会社であること

わが社の最大のウリは「人」です。ソフトを開発し、システムを提供するシステム会社ですが、その背景は業界を熟知した「人」がいるからこそはじめて成し得る事。私たちはシステム会社だからこそ「人」にこだわり業界の専門家であるという意識を持ちます。 システムを一方的に売り込むのではなく、まずはお客様(貴方)のお話(お悩み)にじっくりと耳を傾けます。
その結果、小規模なプレカット工場やパネル工場からハウスメーカーの大規模ラインまでを手掛けた弊社のセールスアドバイザーがあなたの会社のコンサルタントの如く改善案をご提案し、業界を熟知したエンジニアがあなたの会社にぴったりのシステムを作り込みます。
「さくっと木造」はわが社のそんな専門家集団の「人」に支えられ開発されています。



意匠CADや加工機械のの互換性も抜群

互換性がいいこと

「さくっと木造シリーズ」は、木造軸組み住宅の構造材に対応をした「さくっと軸組」、壁・床・屋根パネルなどの構造パネルに対応した「さくっとパネル」、面材・羽柄といったパーツの生産の合理化に特化した「さくっと羽柄」の3つのシステムで構成されています。

施主様へのプレゼンや意匠設計等のシステムや現在ご利用中の構造CADとは、データの相互互換を持つ事で、既存のお使いのCADを出来るだけそのままご利用頂ける方法で、ご提案させて頂きます。

軸組み材・面材・羽柄材を問わず、加工機との相性も抜群!様々な加工機メーカー様との運用実績が豊富です。
開発事例はこちら

システム導入の流れ

ステップ1 初回打ち合わせ

まずはお客様のご要望や現状の問題点をお伺いするために、ヒアリングをさせていただきます。お客様が抱えていらっしゃる問題やシステム化のご相談に、当社のベテランアドバイザーが「さくっと木造」シリーズの基本機能や過去の開発事例などをヒントに解決策を一緒に考えます。 また、この時に実際のシステムを見て頂く事も可能です。

ステップ2 調査・分析

初回お打ち合わせ時に伺った内容をもとに、実際のシステム開発に関わる事項を分析・調査します。

ステップ3 ご提案・概算費用のご提示

ヒアリング・調査・分析の結果を元に、ご提案書と構築にかかる概算費用をご提示します。 あわせて、納期についてもご相談をさせて頂きます。
*尚、このフェーズについては、開発依頼内容並びに調査・分析結果によっては省略するケースもございます。

ステップ4 詳細打ち合わせ

提案書・(概算)見積書の内容で大筋OKであれば、カスタマイズに関する機能や、場合によっては工場設備について詳細をお伺いして、仕様の詳細を詰めさせていただきます。

ステップ5 詳細お見積

詳細打合せの内容に応じて、最終確定見積書並びに必要に応じて、再度ご提案書を提出させて頂きます。

ステップ6 ご契約・仕様書取り交わし・開発着手

ご提案、お見積り内容にご満足いただきましたら、注文書を発行して頂き、ご契約書並びに仕様書の取り交わしを行い、開発着手となります。

ステップ7 中途打ち合わせ

開発工数や開発案件の大きさや内容によっては、中途での打合せを設け、完成前の意思の疎通を図ります。

ステップ8 テスト導入・検収

仕様書通りのシステム開発が終了した段階で、テスト導入を行い、お客様にて導入検証を実施して頂きます。

ステップ9 検収完了・納品

本格稼働開始。
お客様での導入検証が完了した段階で正式納品とさせていただきます。

ステップ10 納品後の運用保守

システムは稼働を始めてからの運用が重要。 どんなにコストをかけても運用出来なければ宝の持ち腐れ。お客様での運用をしっかりとサポートさせて頂きます。
お客様の成長や様々な変化にあわせて、システムに求められるニーズも刻々と変化していきます。 システム導入後の仕様変更や機能追加についても都度対応をさせて頂きます。

スタッフからのコメント

営業部:山口

お客様の業務内容をお伺いしシステム化ができ、実際に稼働してからお礼の言葉をいただいた時は大変嬉しく、仕事にやりがいを感じます。
これからも、特に納期に関して意識し、確実な日程で開発を行いたいと思っています。

開発部:佐田

お客様の話をよく聞いて、お客様が喜んで安心して使っていただけるシステムを作り上げることを目標に日々努力しています。
単純な質問やご要望など、ご遠慮なくお申し付けください。